FC2ブログ

主治医との会話

2010/02/05 Fri

先月末に受けた術前検査の結果を、
先日電話で簡単に主治医に聞いておりました。
記事「主治医からの電話」の日です。


電話の内容は、
MRIにもともとののがん細胞のほかに、右と左にひとつづつ影があると言われました。
ということは、合計3つの腫瘍もどきが写ったということです。


今まで治療を続けてきて、今更、あと二つ?
良性でなさそうであれば、その二つも細胞診をするといわれ、そのときは半分頭真っ白。
部位も聞かず、次調べるといわれ、あの日はそのまま電話を切りました。


もし悪いものであれば、手術方法も変わるし・・・。両方??


それから考えた挙句
で、なんとか先生に何度もコンタクトをとり予定より早く診察してもらいました。
細胞をみる専門の先生にもエコーを診てもらい、

このふたつのものは、良性。

乳腺症ではないかということ。

そう判断できる根拠も話してもらい、それなりに納得してきました。

痛い、細胞診を受けることはなく、経過観察ということで、
今回は手術の対象となることはありませんでした。

いつもは、めくるだけの服も上半身はすべて脱いで診てもらい、
看護師さんも、細胞診のための準備もして待機されてるし。
私は、初めて検査にきた日のように半分放心状態でベッドに寝てました。

主治医に
必要なくなったからもういいよ
と言われて看護師さんが下がってかれるのをぼーっとみてました。

その後、手術方法のことや、その後のこと、
普段疑問に思っていたことなど、色々なことを聞きました。
時間を特別に取っていただいたにも関わらず、1時間以上の診察時間。
先生のお疲れ気味の顔を見ながらで、悪いなあとも思いましたが、
とくにイライラされる様子もなく
話をしてくださり、とてもありがたく思いました。

ただ、最悪の場合なども色々聞きいたりと納得はした代わりに、
自分ではいつもできるにこにことした表情をつくることはできませんでした。
自分でもどんどん無表情になるのがわかりました。
理解したことは、調べたこととほぼ同じでした。


診察室を後にするまでに
良かったね」と主治医に言われ、看護師さんに言われ、受付の方に言われて帰ってきました。

あらたにみつかったものが良性であったことは良かったです。
良かったと思っています。

でも、何が良かったのかなあと思ったり。
ちょっと複雑な気持ちで帰ってきました。
なんともいえない感覚です。
心より笑わなかった自分がいるなあと客観的に見ていました。


その後帰ってきて、話をしていた友人にメールをし、
主治医と話したこと、良性だったことを話しました。

良かったね」と返信がきて

はじめてそのとき

あ、「良かったんだ」と思いました。

主治医と話せたこと、自分の気持ちを話したこと、
疑問をぶつけたこと、悪いものではなかったこと
手術方法もきちんと具体的に聞けたこと。

大切な収穫の日でありました。



手術日が変わりました。
一日早まって、2月18日(木)

ストレスためちゃ駄目だよ がん細胞はおとなしくしているみたいだからね、大丈夫だから

といわれて帰ってきました。

あと2週間です。

穏やかに、健やかに、過ごせたらと思っています。

スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

術前検査 その他

2010/01/25 Mon

今日は、術前検査の続きをやってきました。

血液検査

血を、7本抜くといわれました。
左がいいかな~、右がいいかな~。
ちょっと自信なさげな看護師さん。
左でいくことにしました。
7本!?」と焦って言って見ると・・・

6本にしてくれました。あんまり変わらなかったけど、なんとかうまく出たみたい。

尿検査

尿検査っていつも思いますが、どれだけ紙コップにいれればいいんだろう。
利尿剤を飲んでいるから、トイレをしたいのを我慢して、血液採りに行ったからちょっと焦る。
でも、コップのシールの名前の横に100って数字が書いてあったから、その通りにしてみた。

心電図

はい、外来の疲れを取るぐらいにリラックスしてね
といわれましたが・・・上半身ほぼ裸なわけで。
何か薬を塗ってやるのかと思えば、吸着器のような機器をそのままパタパタと貼り(置き)、
手足首にぱたっとわっかをはめるように機器を装着。
ドキドキしました。
リラックスするころには、もう終わり。もっと寝てたかったかな。

レントゲン

今日はとても混んでいたようで、なんだか技師もそっけない。
はいはい、ちゃんと脱ぎますよ。
でもね、頭が大変なのさ、ちょっと待ってよね。
と、
息をとめて~
はい終わりました
これが一番単純でいいわ。

呼吸機能検査

これが一番おかしかった。
私初めて受けるんですよね。

最初に
これをしっかり吹いてみて」とティッシュに向って息を吹きかけ。
それじゃ、足りないわ、もう一回
ティッシュに息を吹きかけ。

息が漏れないようにコレを口にくわえてね
とビーカーの先みたいな機器を持たされて、鼻をつままれた。

普通に息してください

といっても・・・ああ、鼻ですうのでなくて口で息するのね。

思いっきり息を吸って~ はい! 吐いて 吐いて 吐いて 吐いて 吐いて~・・・・

これを5回やってきました。
あまりにも、技師のお姉さんの言い方がおかしくて、
途中噴出しそうになるのをこらえて、吐きまくってきました。

これって笑えます。

検査数値は年齢では標準だとか。
5回目は、意地になってました
もっとやったらうまくやれたかも。


あとは、入院の手続きの話を看護師さんから聞いて一日終わり。

なんと、私の主治医、今日はお休みでした。

昨日の講演会には関係者として来てたのに・・・代休?お仕事?学会?

そんなわけで、主治医には当分お会いできません、残念。
もともと診察予定はなかったんですけどね。





テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

術前検査② MRI

2010/01/23 Sat

1月22日(金) MRI。

MRIは、昔、一度入ったことがあるような気がする。
でも、顎の検査のためだったと思うが、あまり記憶がない。

周囲から、MRIを嫌いだという話はよく聞く。
あのうるさい音が嫌、
あの狭い中に入るのが嫌 等など。


私の受診している病院でMRI検査室に行くのは、今回が初めて。
入り口でスリッパに履き替え、
向こうは待ち構えていたように、私の姿を見るなり名前を確認してきた。
指示されたとおり15分前に行ったんだけど。

はい、ここに入って

と更衣室に入れられ、

はい、ここで着替えてください。下も金属があるのであれば、脱いでください。
めがねも、はずしてください


あの・・・めがねはずすと全然見えないんですが・・・

大丈夫、すぐそこだから

いつもはコンタクトレンズですが、前回看護師さんにめがねで行ったほうがいいと言われてきたからなんだけど・・・めがねとると、私、0.1も見えないんだよなあ。 

頭はどうすればいいいですか?

金属入ってなければ、そのままでもいいけど、帽子かぶってきていいですよ

はい・・・坊主頭で入るのだけは免れましたね。 

着替えるのに一苦労し、(針刺したままだしね)なんとか更衣室から出ると

まず体重量ってください

青い、体重計。家にでもありそうな感じ。でも、見えなかったんだよね~。数字。

では説明します。まず、時間は順調にいけば、30分から40分。
場合によっては1時間以上かかります


はい、それもそれなりに聞いてきました。

この機械に、うつぶせになってもらいます。
この部分に胸を入れてもらうのですが・・・


え? うつぶせですか? 私、てっきり仰向けで寝るだけだと思ってきたのですが。

そこは、胸が入るぐらいのおわんをひっくり返したようなくぼみが2つ並んでいる。

ここにですね・・・そうですね、胸が垂れるような感じで入れて欲しいのです

垂れるような感じ???

うーん、私、垂れるほどないって・・・。 まあ、やってみるか。

なんとか、うつぶせになり、腕もあげ、首は左に向け。
情けない格好です。

ちょっとすみませんね

と、後ろから着衣をひっぱる技師さん。(いいお年をしたおじさま)

まるで、エステみたいですねえ

エステならいいのですけどね

ちょっとふざけてみましたが、応えてくれました。 いい人ですね、技師のおじさま。 
では、台を動かしますね

狭いトンネルの中で、暗くて嫌と聞いてましたけど・・・


はっきりいって、うつぶせで、顔を横にした状態だと、天井が見えないからさっぱりです。

絶対に動かないで下さいね~

はい、理解できます。

最初に、一度撮ります

ああ、よく聞く音楽が流れているとはこのことだ。
ここは、エンヤだ~。懐かしい。

でも、それもつかの間、ここは工事現場か  のものすごい音が。
どこ掘ってるの 
いったい何やってるんでしょう?しくみを教えてくださいって感じ。

最初は色々考え事をしていましたが、
途中から、思考はぷっつん、ぼーっとしていきました。

何枚か撮って、

次に、薬いれますね、痛かったら言ってくださいね

なんか、ちくちくするような気がするんですが

それは腕が痛いんだと思います、大丈夫です

腕動かしちゃだめですか?

我慢してくださいね


はい・・・腕痛いってば・・・。


6回撮ります
あと、3回撮ります

何言われたか、何されたかよく覚えてませんが、半分あの音の中で寝ようとしてました。


はい、終わりました

あ、たちあがらなくちゃ。
胸がはだけているから、胸かくして起き上がらないと。
それだけを思って起き上がったけど・・・どうだろ、見えてたかしら。


腕、痛いよ・・・まったく。

それにしても、曲は最後はクリスマスソング。 
もう、シーズン違うってば。曲変えようよ。


お腹もすいたし、約1時間近くかかったみたい。

おつかれさんな、私。

今日の会計、

CT、MRI あわせて16,540円なり。


MRI検査中、考えたこと。

病人って大変だなあ、こんな機械で検査されて・・・たまったもんじゃない。
あ、私も病人なんだよな・・・。だからこんなところにいるんだわ・・・







テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

術前検査① CT編

2010/01/23 Sat

1月22日(金) 2月の手術のための術前検査に行きました。
項目は他にもありますが、私は1日で終わらせず、25日も残りの検査があります。
記録したくて分けて書こうと思います。


CT検査(造影剤)

初めてCTの検査を受けたのは、7月。
無理に検査をいれてもらったので、当時は外来で点滴をしてもらい、点滴棒というものをはじめて転がしCT検査室へ行ったものでした。
造影剤を入れたら、熱くなりますからね。といわれ、手首からすごい速さで造影剤が入ってくるのが
ものすごく恐ろしく、その時は、・・・半泣きでした。 私の身体に何入れんの って感じだったんだと思います。

今回、術前検査のCTはもちろん造影剤使用。

やっぱり7月のトラウマのため、私はとても嫌~な気分でCT検査室へ。
今回は、予約をきちんといれたので、外来経由でなく造影剤検査室へ直行。

針を刺し、生食水を入れたのは、ちょうど腕のど真ん中。
前は、手首だったのになあとおもいつつ、
看護師さん上手だった。

先に、金属類のある下着は最初からつけていかなかったので、そのままCTの機械へ寝そべる。

すみません、前回、すごい速さで造影剤が入ってきて気分悪くなったんですけど・・・
遅くすることはできないんですか?


と、伊藤英明似の技師さんに懇願。

造影剤は、速いスピードで入れないと、ちゃんと検査できないんですよ。
だから、速くいれます


あ、そうですか・・・。


で、検査開始。

はい、最初に一度撮りますからね

台が移動して、検査の機械が胸の上でぐるぐる回る。

では、造影剤入れますね

いざ、覚悟!(馬鹿みたいですが、ホントに前回怖かったから)


あれ?

今回あまり入ってくる感じがしません。
徐々に身体が温かくなってきたって感じ。
気持ちいいじゃないの・・。

はい、息を止めて・・・

はい、終了です

大丈夫ですか?

と、先ほどの伊藤英明似の技師さんと、女性の技師さんに身体を起こしてもらいました。

ちょっとふらっとしましたが、前回より元気。

なんともないじゃないの。


造影剤入り2回目のCT検査は、こうやって終了。
ドキドキしていった自分がちょっと恥ずかしかったかな。




(余談)

次のMRIまで1時間以上あるため、造影検査室へもどり、針だけを残してもらいました。
ふと、見ると、その看護師さんは、以前救急に行ったときにおられた方。

看護師さん、救急におられましたよね?

はい、 今でも救急ですよ。前に気持ち悪くなってこられた方ですよね

約4ヶ月ぶりの再会でした。

結構、さばさばとした看護師さんですが、さすが救急にいるだけあって仕事が上手い。
針をさすのも痛くなかったし。
そのとき教えてもらった、飲料水 オーエスワンは今でも愛飲しております、はい。 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ライラ

Author:ライラ
アラフォー&シングルです。
現在、乳がん闘病中です。

2009年6月の告知を受けました。
2009年7月より化学療法 FEC治療開始 終了
2009年10月より化学療法 タキソテール治療 3/4回にて中止
2010年2月18日手術
2010年4月放射線治療25回終了

このブログは、病気のことを中心に記録しています。
自分のための備忘録であり、同じ病気の方の参考になればと
思っています。

アメブロでは、別の名前で同じ記事を書いています。
こちらは、病気以外のことも書いています。
http://ameblo.jp/rungood/

闘病生活はいろいろありますが、頑張ろうと思ってます。
またよかったらご訪問くださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード